無排卵性月経の基礎体温サイト

スポンサードリンク

無排卵性月経の基礎体温

きちんと高温期と低温期にわかれていますか?

低温期と高温期の2相にわかれていれば、問題ありません。

一度も基礎体温を測ったことがない方は、ぜひ測ってみましょう。

一度、自分の体のリズムを知っておくのも良いですし、産婦人科受診に役立ちます。

生理があっても、高温期が見られないときは無排卵性月経が考えられます。

無排卵性月経は、ずっと低温期が特徴です。

ただし、とくに異常がない人でも、無排卵になることはあります。

ストレスなどで、基礎体温が乱れることも・・・

1ヶ月の基礎体温では、判断しにくいです。

2〜3カ月測定してみましょう。高温期が確認できれば心配いりません。

基礎体温で排卵日を知る!

排卵は、月経がはじまった日から2週間後くらいに起こります。

月経と違って、排卵は卵巣のなかで起こるため、判断しにくいですね。

おりものが増えたりしますが、きちんと排卵日を知るためには、基礎体温をつけるか、排卵日チェッカーで調べる方法があります。

妊娠を希望される方、妊娠を望まない方に、とても便利です。

対策立てれますからね。

排卵にともなって黄体ホルモンが分泌され、排卵後基礎体温が上昇します。

ですから低温期から高温期に上がる前が、排卵日ということになります。

妊娠を望まれている方は、排卵日の前2〜3日、後1日、5日間ぐらいはもっとも妊娠しやすい期間です。

卵子の寿命は24時間程度なので(精子の寿命は数日間)、1回の排卵による妊娠率はそれほど高いわけではありません。

反対に妊娠を望まない方は、排卵日の前後はしっかり避妊をする必要があります。

基礎体温の測り方

基礎体温を測るためには、婦人体温計基礎体温表は薬局で手に入れましょう。

婦人体温計には、デジタルの電子体温計と水銀計があります。

より正確に測るためには、水銀計を使用した基礎体温計が良いです。

でも水銀計の方が、測定時間が長くかかってしまいます。

寝る前に枕元に婦人体温計をおいておきましょう。

朝目ざめたらすぐに、体温計を舌の下に入れて測ります。

起きてしまったら、体温が上がってしまうので、布団に入った状態で測りましょう。

測り終えたら、忘れないように基礎体温表に記入しましょう。

備考欄などにその日の体調や精神状態などを書いておきます。

三日坊主になりないように、毎日頑張って測りましょう。

毎日の日課にすれば、苦にならないです。

スポンサードリンク